カテゴリー: 未分類

過渡期?-4 サービスが良くなるその先は

要は、壁側のダクトと、本体側のダクトのつなぎ目を本来ならばテープで固定し、水漏れがない様にしなければならないのだが、施工業者は、それをスキップしたらしい。やっと腑に落ちた思いがした。今までの他の部屋も含めたエアコンの水漏れの原因は、きっと殆ど全てが今回と同じなのではないかと思ってしまう。(そして、タオルが入っているエアコンも少なく無いのかもしれない)

メーカーの人は薄々それが原因だと感じていた様だが、香港人同士の馴れ合いからか、顕在化させなかった様だ。さすがに彼もタオルを入れるとは思っていなかった様で、もう言い逃れはできないと思ったらしく、トントントンと話は進んでいく。

と、そこへ、施工業者の兄という人がやってきた。彼は施工会社の社長でもあるらしい。

すらっとした彼は、礼儀正しく、冷静に状況を見て、弟が適当なことをしたことを認め、解決として、ダクトのつなぎ目を何かの素材で固めて水漏れがないうようにする、と説明した。その横では、さっきまで鷹揚だった弟が小さくなっている。

施工業者兄は、材料を買ってきて、1台につき30分くらいで直していった。

そして、驚くことに、修理のために出たゴミ等を掃除していった。日本では当たり前にやってもらえることだが、香港では、その辺中を埃だらけにして私でもできるような施工をして、大威張りで帰っていくような施工業者しか、見たことがなかったので、驚きである。

その後、水漏れはなく、エアコンの下に洗面器の無い生活の快適さを楽しんでいる。

その話を、築3、4年のマンションに住んでいる友達に話したところ、何よりもエアコンの水漏れはしないらしい。うちの工事の時に、施工業者兄が、何故最初から来なかったかというと、新築のマンションの方にかかりきりで、来られなかったとのことだった。最近の新しいマンションには、施工業者もきちんとした人がいくのかなぁと、ちょっと羨ましかった。

それからしばらくの後、私と同じくらいの12年前に香港赴任を経て深センに赴任し、一度日本に戻ってから、昨年また深センに再赴任した友達と久しぶりのランチをした。

エアコンにまつわる今までの経緯と「香港にも立派な(日本で言えば普通の)施工業者もいるんだよ」と締めくくったところ、彼女のうちもキッチンの換気扇を交換してもらった際の施工業者が、なんと、工事の際にゴミが散らからないように、他を傷つけないように、養生をして施行し、更に綺麗に掃除をしていったらしい。

更に、彼女を訪ねて深センへ行ったイミグレ(出入国審査カウンター)でのこと、お土産に中国産以外の人参とじゃがいもを持って行ったら、生野菜は持って入れないとのこと。その時の係員が、綺麗な英語で、丁寧に、「大変申し訳ありませんが、これらは持って入れません。お帰りの際にお持ち帰りになりたければ、そうできますが」(意訳ではあるが、話しぶりや口調で、こんな感じに聞こえた)と言う。

以前は、「あ〜これダメダメ」(これもまた雰囲気だけの意訳)という身振りで、「没収したものを絶対にあとで食べているよ」と取られた人の中にはそう言ういう人もいるくらいだった。

この12年の間に、様々変わってきた。なんとなく、私が子供だった時の日本って、こんなだった?というところから、現在の日本に近づいているのかも、とも思う。過渡期なんだろうと思うが、今の日本を見ていると、この先サービスがよくなるにつれ、あまり窮屈になって欲しく無い、思うこともしばしば、である。

没収したものを食べてしまうことも、適当に施工することもはっきり言って、全く肯定するつもりはないし、当事者としてはそういう適当な人たちを「憎い!」とさえ思う。でも、そういう適当さが相手にも過度に常識を求めず、いろいろな人がいるということも肯定し、なんとなく、自由に楽に生きられている(た?)んだなぁ〜と思わずにはいられない。(fin)

Categories: 未分類

過渡期?-3 エアコン修理、終了、再修理!

具体的な修理の方法は、エアコンを交換する、壁に埋め込まれたダクトを取り出し交換する、水漏れで損傷した部分を修復し、壁をきれいにして埋める、ということだった。

工事の打ち合わせをしに業者が何人か来て、エアコンを確認していった。ダクトの配置に少し傾斜をつけなければダメとか、ダクトををなるべく短くしなければいけない、とか、凡そ見当違いの議論をしている様で若干の不安は残るものの、仕方がない。

工事は、壁を大々的に壊すことになるので、ほとんどの家具を引っ越し屋の倉庫に預かってもらい、残りのものを部屋の隅に避難させ、段ボールで囲って粉塵が入らないようにしておいた。そこで、生活はできないので夏休みの日本への一時帰国とあわせて行った。

工事の間は、不動産屋の友達が何度か立ち会ってくれて、大きな問題もなく終了した。

面倒な引っ越しの片付けもなんとか終わらせ、エアコンをつけてみると、全く冷えない。施工業者に連絡をとると、設定温度をもっと下げたらいいのではないかと、もっともらしくアドバイスされた。「今、20度なんですけど?」というと、「もっと下げてください」ということだった。「あ〜また外れたなぁ」という思いが胸いっぱいに広がった。黄色い染みを隠すためにせっせと白いペンキを塗っているのを横目で見ているのと同じ様な思いである。

日本のメーカーのものなので、メーカーの修理の人に来てもらったほうが話が早いかと思いながら、再度エアコンを確認してみると水が漏れているではないか!

2週間以上かけた工事が、1日しか持たなかったのである。

直ぐにオーナーの秘書に連絡をし、その日のうちに施工業者だけでなくエアコンのメーカーの修理の人も呼んでもらうことになった。

どの様に再修理をしたのか。

まずメーカーの修理の人が来て、エアコンを確認。水漏れの原因として言ったことは、「エアコンの設定温度が低すぎる」だった。「そうでしょうよ、18度に設定しているんですから」と日本語で毒づいても相手には通じない。設定温度が低いからと言って水漏れするのも考えものなのではあるが。しばらくすると、小太りの施工業者がのっしのっしと鷹揚な足取りで来た。そして、メーカーの修理の人と何かを乱暴に話し、エアコンを確認して、ささっと何かをして、直ったと言っている。こういう工事の時には、何をしているか(していないか)しっかり見る必要があるのだが、メーカーの修理の人が別の部屋にいたので、私は、両方を見ることができずにいた。出かけていた夫と通訳をしてくれる不動産屋の友達が帰ってきて、さっそく業者2人を交えてああだこうだと、役にも立たない議論をしているため、私は、施工業者に向かって、

「あなた、あのエアコンを、直ったと言っているけど、何をしたの?」

問い詰めると、へらへら笑ってごまかしそうになっており、仕方がないので、更にきつい調子で、「何をした!!!」と聞くと、私の剣幕にやっと、他の人たちも、彼に何をしたか聞き始めた。さらにごまかそうとしているので、私が、わーわー言っていると、夫がオーナーの秘書に

「このままでは、せっかく100万円くらいかけた工事が水の泡になる。そして、そんなに、彼を疑わないあなたが疑わしい。彼に袖の下をもらっているんじゃないかと思う。」と言うとやっと、どの様に直したのか、聞き始めた。その間にかかった時間は1時間くらい。

そして、施工業者はエアコンを開け、その中から取り出したのは、なんと「タオル」だった。

彼はタオルをエアコンの水が漏れている部分に入れ、無理矢理閉めただけで、『直った』と言った。さすがに、タオルとは思わなかったので、私と夫はもちろん、不動産屋の友達、オーナー秘書も呆れていた。

そして、やっとみんなが、建設的な解決策を考え始めた。

IMG_2944

ダクトに沿って、壁を壊し、ダクトを取り出しているところ。

・・・つづく。

Categories: 未分類