カテゴリー: 日常

レストランでの出来事、香港老舗、東京、今どき香港

夏休み直前に香港の老舗の飲茶屋さんに飲茶をしに行った。一品は日本でいう肉まんのようなものを頼んだのだが、手で割ってみると、「毛」が入っていた。
すぐさま店員を呼ぶと、慇懃無礼にさっとお皿を下げて、もう一皿欲しいか、キャンセルか、と聞かれた。
さすがに、一回くらいは謝ったら?という思いもあったが、わたしの「キャンセルで」という一言で終了。・・・ま、こんなものよね、と、気分を害すでもなく、お腹もいっぱいになったわけでもないのだが、ほとんど、違和感を感じなかった。

香港に来た頃は、何かあると、「そちらのせいですよね~?」という雰囲気を醸し出し、ひとこと、「すみません」を期待していたのだが、ほとんどの場合、笑って(または笑わずに)済まされる。そして最後に私が、「今の場合、あなたが悪いのです。」と決めつけて終了というパターンだったのであるが、最近では、自分が悪いとは思わない人々にも慣れてしまっていた。

その後、日本に一時帰国をした。
恒例の友達との食事。某高級ホテルのレストランに連れて行ってもらった。素敵な雰囲気のレストランで、デザートを入れて7コース位。食前にシャンパンが出てきて乾杯をし、他にも1杯ワインが付き、高級レストランの割にはリーズナブルだね、と、予約をしてくれた友達に聞いたら、レストランもレジャー予約サイトでプラン予約してくれたとのこと。旅館やホテルだけでなく、レストランまでプランを選んで予約ができる事は知らなかった。某レストランガイドに掲載されている星付きのレストランは何日も前に予約しなくてはならないのに、星付きでないレストランは、こういう営業努力をされているんだなぁと妙に感心。

3品目がサラダ。テーブルで丸ごとサマートリュフをスライスして、トッピングしてくれるというもの。トリュフを削るその瞬間にまた「毛」を見つけてしまった。ひと月のうちに2度もそんな目に会うなんて~と思ったら、こちらでは、何度も頭を下げていただき、新しいサラダを持ってきてもらい、お詫びということで、友達の約1.5倍のトリュフを削ってもらった。たっぷりトリュフにその後のお料理、久しぶりの友達との会話で、すっかり満足して、その事など忘れていたのだが。
デザートの頃にシェフ登場。美味しかった旨を伝えると、またもや平謝り。帰り際にはエレベーター前までお見送りいただき、お土産に素敵なお菓子までいただいた。
レストラン的にはあってはならないことだったのだろうが、そこまでやってもらわなくても?という思いも。
久々に日本で謝られ、私が「そちらが悪い」という雰囲気を醸し出す前に、そんなに謝られると逆になんとなく立場がない。

前記の飲茶屋さんのように、古き良き時代の香港の老舗だと、まだまだ慇懃無礼で取りつく島もないのだが、高級店や新しいお店などは、おもてなしや顧客満足度についても、ずいぶん考えているように感じる。

先日も、勉強のためにロンドンへ行く友達の送別会がショッピングモールの中のレストランであった。そこで、注文したものが、ずいぶん長いこと来なかった。40~50分は待っていたのだろうか。わいわい話しているうちに、ほかのお客さんがまばらになり、どうしたことかと聞いたところ、つぎつぎと料理が出てきた。テーブルまるごと忘れられていたらしい。

そして最後に、、注文していない大盛りデザートが2皿、みんなでシェアできるように出てきたではないか。もちろん謝罪などはなかったのだが、顧客満足度的にはここが一番だったかも。

ティラミスとマンゴチーズケーキ。スプーンも大きかったので、写真イメージより大きかった。6人でシェア。

Categories: ご挨拶, 日常

4ヶ月で3回タミフルをもらう-2

検査結果はB型のインフルエンザだった。そして、軽い肺炎。すぐさま先生はタミフルを処方した。しかし、もう既に家庭医の先生が処方してくれたパナドール(日本にはない解熱剤。アセトアミノフェンが主成分でインフルエンザの時に飲んでもインフルエンザ脳症などの心配がないとされる薬)を飲んでいて熱は微熱程度。

いろいろな薬を飲ませることに抵抗を感じる私は、先生に

「今タミフルを飲ませなくてもいいのでは?」と言うと、

「もちろん、飲ませるかどうかは、あなた方の判断で結構です。もう少し様子をみましょう」という事だった。

すると、その横で、看護師さんが、え!!という顔をして、急いで私たちに

「もうこの薬の箱を開けてしまったので、料金が発生しますが」と。

(はいはい、またキタキタ)と思いながら、「大丈夫ですよ~」というと、安心した様子。またもや、病気の症状的に薬を飲んだほうがいい、ということではなく、お金のことを心配された感が強い看護師さんの様子だった。結局、再度熱が上がったので、タミフルも飲ませ、次の日、無事退院した。
一連の入院でのお会計は、20万円也。初めてのインフルエンザ騒ぎ終了である。

 

2月の旧正月一日、またもや息子は高熱を出した。「今度はA型か!」と思い、検査結果が夜にずれこんでまた入院、ということにならないように、午前中のうちに病院へ。インフルエンザ検査を行い、3時間後にその結果を電話連絡してくれることになり、結果が分かったらすぐにタミフルを飲めるように、処方してくれるとのこと。「もしインフルエンザでなければ、飲まなければいいから」といわれ、検査をして薬をもらって帰宅。
この時は、香港でインフルエンザが蔓延していたせいか、錠剤は売り切れ、水で溶いて飲むタイプのものを処方された。きっちり3時間後、病院から電話がかかってきて、結果はインフルエンザでなかった。

 

そして、新学期が始まり、少したった4月の終わり、クラスでインフルエンザが流行っていると聞いた矢先、また、息子が高熱を出した。
熱が出てすぐに、病院へ。もちろん、午前中。私たちも慣れたものである。
病院に着くと、夫は、その時の担当の家庭医の先生に
「学校でインフルエンザが流行っているので、インフルエンザテストをして、電話で連絡をしてください。もしかかっていたら、タミフルを飲ませますから。」
と一気に伝えると、先生の方も「はいはいわかりました。飲みやすいと思うので、錠剤のタミフル出しときます。」ということで、わずか5分くらいで診察終了。
今回も結果は、インフルエンザではなかった。
3回の高熱のうち、2回はインフルエンザではなかったが、夫は、「なんだか、インフルエンザ患者のプロになったみたいだ」と、ちょっと自慢げだった。

 

Categories: 日常