4ヶ月で3回タミフルをもらう-2

検査結果はB型のインフルエンザだった。そして、軽い肺炎。すぐさま先生はタミフルを処方した。しかし、もう既に家庭医の先生が処方してくれたパナドール(日本にはない解熱剤。アセトアミノフェンが主成分でインフルエンザの時に飲んでもインフルエンザ脳症などの心配がないとされる薬)を飲んでいて熱は微熱程度。

いろいろな薬を飲ませることに抵抗を感じる私は、先生に

「今タミフルを飲ませなくてもいいのでは?」と言うと、

「もちろん、飲ませるかどうかは、あなた方の判断で結構です。もう少し様子をみましょう」という事だった。

すると、その横で、看護師さんが、え!!という顔をして、急いで私たちに

「もうこの薬の箱を開けてしまったので、料金が発生しますが」と。

(はいはい、またキタキタ)と思いながら、「大丈夫ですよ~」というと、安心した様子。またもや、病気の症状的に薬を飲んだほうがいい、ということではなく、お金のことを心配された感が強い看護師さんの様子だった。結局、再度熱が上がったので、タミフルも飲ませ、次の日、無事退院した。
一連の入院でのお会計は、20万円也。初めてのインフルエンザ騒ぎ終了である。

 

2月の旧正月一日、またもや息子は高熱を出した。「今度はA型か!」と思い、検査結果が夜にずれこんでまた入院、ということにならないように、午前中のうちに病院へ。インフルエンザ検査を行い、3時間後にその結果を電話連絡してくれることになり、結果が分かったらすぐにタミフルを飲めるように、処方してくれるとのこと。「もしインフルエンザでなければ、飲まなければいいから」といわれ、検査をして薬をもらって帰宅。
この時は、香港でインフルエンザが蔓延していたせいか、錠剤は売り切れ、水で溶いて飲むタイプのものを処方された。きっちり3時間後、病院から電話がかかってきて、結果はインフルエンザでなかった。

 

そして、新学期が始まり、少したった4月の終わり、クラスでインフルエンザが流行っていると聞いた矢先、また、息子が高熱を出した。
熱が出てすぐに、病院へ。もちろん、午前中。私たちも慣れたものである。
病院に着くと、夫は、その時の担当の家庭医の先生に
「学校でインフルエンザが流行っているので、インフルエンザテストをして、電話で連絡をしてください。もしかかっていたら、タミフルを飲ませますから。」
と一気に伝えると、先生の方も「はいはいわかりました。飲みやすいと思うので、錠剤のタミフル出しときます。」ということで、わずか5分くらいで診察終了。
今回も結果は、インフルエンザではなかった。
3回の高熱のうち、2回はインフルエンザではなかったが、夫は、「なんだか、インフルエンザ患者のプロになったみたいだ」と、ちょっと自慢げだった。

 

Categories: 日常